みかんそのままの純粋さ みかんを超える濃厚さ

栽培期間中農薬不使用の原料を使い、添加物を一切加えない「純粋さ」
味・香り・色を丁寧に引き出し、20℃台で数倍に煮詰めた「濃厚さ」

地域特産の農産物の美味しさを、産地・品種・生産者のストーリーとともにお届けしています。

FOR PROFESSIONAL

シェフ・パティシエの皆様へ
厨房のオペレーション効率を向上し、産地・品種・生産者の違いなど、テロワールを際立たせた「フルーツソース」「コンサントレ」について

業務用製品
MANUFACTURE

製造の委託をご検討中のお客様へ
常温常圧濃縮をコア技術とした、これまでにない利便性と高品質を兼ね備えた商品開発・生産のお手伝いをさせていただいております。

生産委託
CONSUMER PRODUCTS

プロが認めた味覚をご家庭でも!
業務用フルーツソースやマーマレイドを、ご家庭でもお楽しみいただけるようコンシューマーパッケージにしました。

一般向け製品

”20℃台で煮詰める” 理由

20℃台での濃縮がプロに支持される理由には2つあります。
 
酵素活性による劣化が少ないこと
香りのバランスが崩れていないこと

酵素を眠らせたまま濃縮

酵素は温度に比例して活性が高まります。一方で、温度が上がると酵素が壊れる速度も加速度的に高まります。その結果、40~50℃までは酵素活性が高まって行きますが、50℃を過ぎると活性が逆に下がっていきます。つまり、40~50℃は酵素の活性が最も高まるピークの温度帯(至適温度)ということになります。

20℃台で濃縮することにより、酵素活性による味・香り・色の劣化を抑えることができるのです。

香りのバランスを崩さない

「香りが残っている」だけでは、果実のフレッシュ感を感じることはできません。

果実の香りは数十~数百の香りの成分からできていて、成分ごとに違う揮発性を持っています。果実の育った温度を超えると、揮発性の高い成分から順に失われてバランスが崩れていきます。
トップノート・ミドルノート・ベースノートのバランス、特にトップノートがどれだけ残っているかがフレッシュ感の決め手になるのです。

NEWS

六次化向け装置の作り方を公開

六次化向け装置の作り方を公開

6次化向け装置の自作 6次化に取り組んでいると、ジュースなどを封入する自動充填機や、封入済みのジュース・ジャムなどの殺菌ができる殺菌装置の必要性を感じ…

料理王国100選 2018

プレミアムフルーツソースギフトセットが、プロの目と舌で選んだ「料理王国100選 2018」に選ばれました。 くわしくはこちらをご覧ください。 料理王国…

プレミアムフルーツソースかぼすを発売!

かぼすのフルーツソースを発売しました! 大分県臼杵市特産の有機JAS認定のかぼすを原料にした無添加濃縮フルーツソース「プレミアムフルーツソースかぼす」…

ニュース一覧