6次化向け装置の自作

6次化に取り組んでいると、ジュースなどを封入する自動充填機や、封入済みのジュース・ジャムなどの殺菌ができる殺菌装置の必要性を感じる方も多いのではないでしょうか?

また、かつて農業で使われていた装置の制御は非常に単純でハードを直せば使えることが多かったのですが、最近の装置は制御がわからないと直せないものが増えました。したがって制御を学びたい方は多いと思われますが、入門するのに良い教材がなかったり、教えてくれる人がいなかったりで、なかなか機会がないものです。

制御の入門にも最適

そこで、低価格で自動充填機・殺菌装置を手に入れたい方や、制御を学びたい方に向け、マコジャパンの社内用に設計した装置の作り方を公開することにしました。マコジャパンの競争力に関わる技術は留保させていただきますが、農産物の特産品を発展させていくために、効率を向上させる技術や衛生面にプラスになる技術のシェアも重要だと考えています。

まず、初めにニーズの高い半自動充填装置、続いて低温殺菌装置の製作方法をアップしていきます。

半自動充填装置 KAPPYⅠの作り方

キットの販売

製作方法については、初心者でも充分製作できるように説明をしたつもりですが、すぐに利用したい方や、いきなり道具を揃えたり、配線や穴あけをしたり、プログラムをするのはハードルが高すぎるという方のために、説明に登場した部品を揃え、プログラムインストール済のキットを提供します。このキットでは1時間程度で組み立てでき、すぐに活用できます。

マコジャパンは食品製造会社であり、装置の製造・販売を行う予定はありません。
したがって、部品の調達は受注後に行い、通常お届けするまでに10日~2週間程度かかります。
また、予告なく販売を終了することもありますのでのでご了承ください。