正体を知らないまま、毎日のように口にしている「砂糖」
考えるべきことがまだまだあります。

砂糖はもうひとつの重要な原料です。マコジャパンの場合、原料全体に占める砂糖の割合は16~25%ですが、濃縮後は重量の65%以上を占めます。食品表示では原料の重量ベースで表示順が決まるので、普通は「果実・砂糖」の順で表示されますが、濃縮された製品では国際基準なら65%近く、日本の低糖度ジャム・マーマレードでも40%以上が糖分が占めることになります。

しかし、通常の砂糖は原産地・原産国すら特定できず、遺伝子組換の有無も不明です。
そこで、MACOTでは現状で最良と考えている砂糖を厳選して使用しています。

砂糖の原産国はほぼ不明?

野菜や肉なら原産地や生産者についてまでこだわる人も、砂糖のことになるとどこの国のものかすらわからなくても気にならない人もいます。

実は砂糖は国際商品作物として取引され、製糖工場には世界各地から粗糖が届きます。
そのため、どの製品ロットがどの国の粗糖からできた製品なのかを特定することは困難です。

そのうえ、砂糖は何度かの集積所を経て集められ、海外で集められ、貨物船で運ばれ、製糖工場に荷揚げされるうちに、さまざまな国籍のさまざまな砂糖が混入します。集積場でも船でも、製糖工場でも、荷揚げや積み出しのたびに工場を完全にクリアしてから次の粗糖を受け入れるわけではありませんので、直前に扱われた粗糖の残りが数%ずつ混入します。
100%同じ原産地のものではないことも許容せざるをえません。