国際食品規格(CODEX)では、MARMALADE(mɑ’ːrməlèid)について、『製品の可溶性固形物は65パーセント未満ではあってはならない。』としています。

一方、日本農林規格(JAS)では「マーマレード」について、「果実と砂糖または糖アルコールまたははちみつを使って糖度が40%以上になるまで煮詰めたもの」としています。つまり、マーマレイドとマーマレードは似て非なるもの。

日本では糖度40%~65%の「スプレッド」もジャムに分類されています。しかし、スプレッドは原料も使い方もジャムと似ていますが、保存性がありません。そこで「国産ジャム」は低い保存性を補うために保存料などの添加物を使っているものが多いのです。

MACOTしあわせのマーマレイドはCODEX規格に従ってBrix65%以上に煮詰めた正統的なMARMALADE(mɑ’ːrməlèid)。
だから商品名に「マーマレイド」を用いているのです。

ただし、日本ではマーマレードに分類するほかはないため、ラベルの一括表示では「名称:マーマレード」と表示することになります。