<無農薬みかんから取り出された香料>
MACOTマーマレードの製造過程で余るミカンの皮から香料を抽出する実験を静岡県工業技術センターと行っています。
極めて透明度の高い香料が取り出されました。

ガスクロで分析してみると、
透明なのに、成分は数値の上で通常の香料と遜色ないことが判明!

香料を抽出した後の皮は乾燥して不織布の袋に入れてシールします。
それを緩衝材に使うと、梱包をあけたときにミカンの香りがするし、サシェ(匂い袋)としても、無農薬ミカンの入浴剤としても使えますね!
明日、乾燥テストを行います。モチロン当社の常温乾燥装置で。

香料もサシェも最初から製造目的物として品質管理を行い製造する考え方であることが大切で、廃棄物を利用するという考え方では決して良いゼロエミッションはできないのです。
20130828

アマナツの皮から、柑橘オイルを抽出するテスト。
このあまり可愛くない機械が減圧抽出装置で、左側にアマナツの皮と水を入れて加熱し、右側で冷却し、0.1気圧程度まで減圧すると、右側やや中よりのオイルトラップにオイルと水がドボドボ出てきます。
オイルトラップで柑橘油が分離しています。
なんと3kgの皮から30ccほどのオイルが採れました!
ただし、この抽出方法だと、トップノートに偏るらしいです。

マーマレードに使わなかった皮を有効活用したいのですが、
商品化できるといいなあ・・・
20130731