Loading

MACOT JAPAN Co.,LTD

Company profile

マコジャパン株式会社

戦国末期に一塊の土くれを「領国一か国の価値あり」と認めさせた価値の創造主千利休。
太平洋戦争中に日本中の本物を発掘し紹介した目利きの柳宗悦。
 
特産物の価値を引き出し丁寧にその価値を理解していただくこと
大量生産品に埋もれてしまった本物の価値に再び光をあてること
 
本物を通じて、豊かさをリードしてゆくところに、
日本の大切な役割があると考えています

「本当の正しい品物」

『遺憾なことには、近頃の都の人たちが用いる品物が大変粗悪になって来たことであります。押しなべて商品はその格が落ちてきました。人間の智慧はいつも良いことのみにはそそがれません。ある時はずるい作り方を覚えたり、上べだけよく見せかけることなどをも考えました。儲けることに熱心になると、とかく正直な仕事を忘れます。一般に売っている品物は、多くはそのために粗末なものになって来ました。今では本当の正しい品物を見つけることのほうが、むずかしくさえなってきました。』
柳宗悦「手仕事の日本」(昭和十八年)

日本農業の未来

日本の農業の未来を切り開くためには安全で高品質であるという「日本の農産物」への信頼を築かねばなりません。
真の豊かさを感じていただけるMADE IN JAPANを世界に送り出すためには、「オーガニックな農産物の価値を最大化する商品化」が必要なのです。

写真:2016年大晦日の富士山(日本平)

地域特産品の競争力向上

素材の持ち味を活かした加工はもちろんのこと、歴史や文化も含めて、商品化していきたいと思います。
特に「在来種」の価値を高め、コモディティー化してしまった改良品種と価格競争せずに生き残る道を考えていくことは貴重な文化を残すために重要と考えています。

写真:駿河湾越しの富士山(沼津市戸田)

「はれてよし くもりてもよし富士の山 もとのすがたはかわらざりけり」山岡鉄舟

晴れた日の富士山の美しさ。しかし、富士山のほんとうの素晴らしさは、その不変不動の本質にこそある。

MACOT JAPANは山岡鉄舟が再建した鉄舟寺の近所にあります。

写真:2017年元旦のダイヤモンド富士(山梨県富士川町)

MACOT JAPAN

会社名 マコジャパン株式会社(MACOT JAPAN Co.,Ltd)

設立 2014年9月2日
資本金 300万円
事業内容 無添加濃縮フルーツソース、無添加マーマレード・ジャムの製造・販売
社員数 5名
代表者 代表取締役社長 小鍋彰久

所在地 〒424-0911 静岡市清水区宮加三727-1
TEL 054-376-5214 FAX 054-376-5213
東名・新東名清水インターより20分、東名静岡インターより25分