Loading

CONCEPT

Consistent concept of products

製品コンセプト

気の遠くなるほどの手間をかける愚直さ
20℃台で無理なく煮詰める常温常圧濃縮の先進性
生産者との信頼関係を育てていく気長さ
 
手仕事×最新技術×ネットワーク
当たり前のことの相乗効果が
「特別」を生み出します

安全な原料を選ぶ

有機JAS認定の柑橘または栽培期間中農薬不使用のもので、人柄、哲学、生産技術などを総合的に考慮して「農薬による汚染の心配がない」とMACOTが判断したミカンだけが原料です。

お客様の代理人として原料の栽培状況を確認し、年間を通じて現地に通い信頼できる生産者から直接仕入れています。

原料をよく洗う

柑橘類は実がついてから数か月間大気にさらされて成長するため、大気汚染・煤塵などの影響をどのように受けているかわかりません。また、ミカンには柑橘特有のカビ・病気などもあり、MACOTの原料の柑橘類は農薬を使用せずに自然のまま育てられるので、特に徹底した洗浄が必要になります。

食塩水を電気分解して強アルカリ水と強酸性水を作り、強アルカリ水を満たした超音波洗浄機で2分洗浄。

原材料をたっぷり使う

MACOTのフルーツソース・コンサントレはあくまで農産加工品そのもの。素材を惜しみなく使って数倍に濃縮しています。
たとえばフルーツソース甘夏1㎏を製造するために、約4.2㎏の甘夏を使用しています。

添加物一切不使用

MACOT JAPANの製品は添加物不使用です。
本物の素材だけを使い、素材そのものの味を引き出すには、非常に手間がかかります。その手間を省略するために添加物が使われるのですが、イミテーションはどこまで行ってもイミテーションでしかありません。
ニセモノは決して本物をこえることはできません。
「添加物でごまかさない。だからこそ、おいしいのです。」

丁寧に仕込む

MACOT製品はかけるべき手間を省略せずに丁寧に仕込んでいます。効率のために無理な機械化もしていません。

数倍に濃縮すれば、美味しさは数倍になるものの、不味さも数倍になってしまいます。濃縮したものが美味しいものになるかどうかは、濃縮前にほぼ決まってしまうのです。

極上の果実感は、丁寧な仕込みなくしては生まれないのです。

20℃台で煮詰めています

一般的な高温での濃縮では成分が変性し、減圧・真空濃縮でも香りのバランスが崩れてしまい、それが「フレッシュ感」を失う原因でした。
「常温常圧濃縮技術」は低温でじっくりと水分を飛ばす古来からの方法を再現した世界的にもに類をみない高品位濃縮技術です。減圧することなく材料温度を20℃台に保ったまま濃縮するため、成分変性もなく、香りのバランスをそのまま濃縮できます。
世界五か国(日・米・中国・香港・インド)で特許登録済

低温殺菌を行っています

せっかくの品質を台無しにしないために、0.1℃単位で正確に水温をコントロールできる自社開発の低温殺菌装置で、高級な牛乳などで使用されている低温殺菌(パスツライゼーション)を行っています。

お客さまの代理人として

お客さまの代理人として、安全な材料を仕入れ、
お客さまの代理人として、良い装置を保有し、
お客さまの代理人として、丁寧に調理する。

安全な原料を選ぶ
原料をよく洗う
ヘンなものを加えない
原材料をたっぷり使う
丁寧に仕込む
低温で煮詰める。