Loading

プレミアムフルーツソース青みかん

Premium Fruit Sauce AOMIKAN

あなたの料理を引き立てる濃縮タイプのオレンジソース

『プレミアムフルーツソース青みかん』は、青みかんを4.5倍に濃縮して、添加物を一切使わずに青みかんのポテンシャルを最大に引き出した商品です。青みかんを切ってみると、やや色は薄いものの、果汁は黄色くて、濃縮すると橙色になります。MACOT「プレミアムフルーツソース 青みかん」は、この果汁を約4.5倍に濃縮して作ります。

摘果みかん(青みかん)とは?

温州みかんはより良いミカンをつくるためにまだミカンが緑色のうちに間引きをします。この作業を摘果と呼び、間引いたみかんは青みかん(摘果みかん)と呼ばれます。緑色なのに、なぜか『青みかん』と呼んでいます。

糖度が乗る前に摘果される青みかんは酸っぱくて生では食べにくいため出荷されず、その場で廃棄されます。
昭和の頃は、静岡では毎年夏の終わりになると、摘果のほんのわずかな期間、近所の人たちで搾って「摘果ジュース」ををよく飲んだものです。

青みかんは最高の原料

摘果された青みかんは糖度が乗る前で酸っぱいのですが、独特の香りがします。
その後、熟していくと糖度が高くなりますが酸味や香りは落ちていきます。
砂糖を加えて加工食品にする場合には、酸味や香りの強い青みかんは熟したみかんよりずっと良い原料なのですが、これまであまり商品化されてきませんでした。

香りと酸味が強いため、フルーツソースなどの加工食品にするには最高の原料なのです。

青みかんは、無農薬・手摘みだから価値があるんですよ。

青ミカンを製品化する場合には問題が2つあります。
ひとつは、病虫害が一番多い夏の青みかんには農薬がたっぷりかけられてしまっていること。
もうひとつは、最近は摘果剤を使って摘果を行なっていること。摘果剤はホルモン剤の一種なので、農薬以上に怖しいものです。

青みかんのフルーツソースは濃縮度が高いため、農薬を使わないで栽培し手摘みで収穫した青みかんを使用しなければなりません。そのため、オーガニックの価値を上乗せしても、農薬を使わずに栽培し、人間の手で摘果した青みかん農薬を使うべきなのです。

生産者にとってのメリット

無農薬の青みかんを手摘みの労働力に見合う価格で買うことによって、生産者にはさまざまなメリットが生まれます。生産者にとってはいままで収益にならなかった摘果作業が収入になるため、人を雇って作業を行うことができるようになり、これまで摘果のやり残しがなくなります。また、手摘みならキズのないミカンだけを残せるので、完熟ミカンの品質も高くなります。木の負担が少なくなるように摘果できるので、長期的にも果樹にとってプラスです。

完熟みかんの品質が劇的に向上

摘果みかんの商品化が、完熟みかんの品質を劇的に向上させたことにとても驚きました。
これまで収益にならなかった青みかんを収益化できれば、
摘果作業が収入になるため、人を雇って作業を行うことができるようになり、摘果のやり残しがなくなります。
手摘みならキズのないミカンだけを残せるので、完熟ミカンの品質も高くなります。
木の負担が少なくなるので、長期的にも果樹にとってプラスです。