Pasteurization

低温殺菌

品質の低下を最低限に抑えた殺菌

せっかくの品質を、
台無しにしないためのぎりぎりの選択。
それが低温殺菌でした。

自社開発の低温殺菌装置 

0.1℃単位で正確に水温をコントロールできる自社開発の低温殺菌装置です。
必要だけど、どこにも売っていない装置は社内で開発する。<br />それはメーカーとして大切な能力だと思います。

低温殺菌の効果

低温殺菌では一般に65℃、30分の加熱が基本ですが、この図から65℃、30分の加熱により、一般的な微生物の大部分が殺菌できることがわかります。

ナポレオンは遠征の際にワインが腐敗して飲めなくなる問題に悩まされました。ワインを高温殺菌すれば腐敗はしにくくなりますが美味しくありません。そこで、細菌学者のルイ・パスツールに問題の解決を依頼したのです。

パスツールは、充分な歩留まりと味・香りなどの品質を両立できる温度と時間を見つけることを提案しました。その考え方が低温殺菌(パスツライゼーション)で、現在でも高級な牛乳・食材で用いられています。